山本自動車工業 ユニック

ユニックの修理・整備・点検お任せ下さい

ユニック

年次点検を受けましょう

移動式クレーンについては、1 年以内ごとに1 回、定期に、(中略)自主検査を行なわなければならない。(クレーン等安全規則第76 条)
年次点検は作業前点検、月次点検の内容、荷重試験が必要項目となっています。
巻過防止装置、過負荷警報装置、転倒防止装置、その他の警報装置の動作、手動レバーは手を離すと中立に戻るか、手動操作およびラジコン操作したとき、クレーンは正常に作動するか、ラジコン送信機に変形やひび割れはないか、 ラジコン送信機のスイッチや速度レバーおよびゴムブーツは損傷していないか、
ワイヤロープ、フックの損傷の有無
配線、配線コネクタの接続状態
オイル漏れの有無
クレーン車を安全・安心して使用する為に弊社は約100項目を検査致します。

主な点検箇所について

  • フック
  • ワイヤーロープ
  • ラジコン
  • 作動油タンク
  • 旋回装置
  • ホイストウインチ
  • 巻過警報自動停止
  • アウトリガー・プロペラシャウト

 

フックの磨耗・変形・回転・給脂・標点距離、シーブの損傷・磨耗・回転・給脂、外れ止めの作動・変形・損傷、フックねじ部及びスラストベアリングの磨耗状態など

その他PTO、油圧ポンプ、コントロールバルブ、スイベルジョイント、デリックシリンダ、テレシリンダ、ベース、コラム、ブーム、パイピング、荷重計、荷重指示計、水準器、警報器、銘板、シャーシフレーム、荷重試験、合計25箇所約100項目を検査いたします。

ユニック 修理・点検のお問い合わせ

当社施工例の紹介

URU260取付け

1.取り付け車輌が入庫しました。 2.標準ボディーをカットし取り付けスペースを確保します。 3.シャーシ補強をしクレーン本体を取り付けます。 4.試運転を行い完成です。

イプシロン取付け

1.取り付け車輌が入庫しました。
ボディーは特注のためシャーシのみです。
2.シャーシ補強をしクレーン本体を取り付けます。 3.試運転を行っています。 4.グラップルを取り付けて完成です。

当社取扱い商品のご紹介